SWELLで10個以上サイトを作って分かった購入のメリット

「SWELL」というWordPressの有料テーマを使用して、10個以上のサイトを作りました。

私はWordPressを使い始めてから6年ほどになりますが、現時点では過去最高のテーマです。

SWELLを購入しようか迷っている方に向けて、SWELLを買うメリットを紹介していきます。

サイトの制作時間を短縮できる

SWELLのテーマを使用すると、ブログやホームページを制作する時間を短縮できます。

例えば、私は「DEMO COMAPNY」というコーポレートサイトを試しに制作しましたが、およそ2日で完成しています。

SWELLのテーマで制作したコーポレートサイト

SWELLを使うと制作時間を短縮できる理由は、豊富なブロックと高機能なカスタマイザーのおかげです。

SWELLのテーマで利用できるブロック

上の画像のように、SWELLには様々な種類のブロックが用意されています。しかも、使用方法は非常に簡単で、利用したいブロックをクリックするだけでページに挿入できます。

ボタン、表、タブ、アコーディオンのように、これまではHTMLやCSS、JavaScriptを使って制作していた部品も、SWELLを使えば一瞬で設置できます。

「投稿リスト」というブロックも非常に便利です。これは、以下のようにブログの記事の一覧を表示できる機能で、カテゴリーや投稿IDなどで抽出も可能です。

SWELLの投稿リストブロック

SWELLを購入する前は、記事の一覧を表示するためにWP_QueryなどPHPのプログラムを書いていました。

しかし、その必要はありません。ただ単に、投稿リストのブロックをクリックするだけです。

ブロックを単体で使うだけでも便利ですが、ブロックのコピー、再利用ブロック、ブロックパターン、ブログバーツなども使いこなせるようになれば、作業時間をさらに短縮できるでしょう。

SWELLが制作時間を短縮できる理由は、ブロックだけではありません。

SWELLでは、サイト全体で共通の内容を専用のメニューやカスタマイザーから設定できます。例えば、エディター設定のメニューからはSWELLボタンのデザインや色などをカスタマイズできます。

SWELLのエディター設定

また、SWELL設定のメニューからは、高速化や構造化データなどを設定できます。

SWELL設定

専用のメニューやカスタマイザーから様々な内容を設定できるため、自分でCSSを書いたり、プラグインを導入したりといった必要性が減ります。

参考として、私が「Xeory Base」のテーマからSWELLに移行した際に、実際に不要になったプラグインを紹介します。

不要になったプラグイン
・Classic Editor
クラシックエディターで投稿するためのプラグイン。SWELLのブロックエディターはクラシックエディターよりも便利なので、当然ながら不要です。
・Newpost Catch
最新記事の一覧をサムネイル付きで表示するプラグイン。SWELLは新着記事を表示する高機能なウィジェットが用意されています。
・Q2W3 Fixed Widget
サイドバーに追尾するウィジェットを表示するプラグイン。SWELLは追尾サイドバーのウィジェットエリアが用意されています。
・Shortcodes Ultimate
専門知識がなくても簡単にボタンやタブなどのパーツを設置できるプラグイン。SWELLには便利なブロックが用意されているので不要です。しかも、Shortcodes Ultimateと違ってショートコードではないので、さらに使いやすいです。
・WordPress Popular Posts
人気記事の一覧を表示するプラグイン。SWELLは人気記事を表示する高機能なウィジェットが用意されています。
・WordPress Related Posts
関連記事を表示するプラグイン。SWELLは関連記事を表示する機能が用意されています。
・ウィジェットのロジック
ページによってサイドバーのウィジェットを切り替えるプラグイン。SWELLは、トップのみ、スマホのみ、固定ページのみといったウィジェットエリアが用意されています。

以上のように、SWELLのブロックやカスタマイザーを使えば作業時間を大幅に短縮できます。その結果、検索機能、会員制機能、通販機能など複雑な部分の作業に専念できます。

例えば、「Recruit Company」という求人サイトは、SWELLのブロックやカスタマイザーを使っているので全体のデザインにほとんど時間がかかっておらず、検索処理のコーディングに時間を割きました。

SWELLのテーマで制作した求人サイト

デザインの美しいブログを作れる

WordPressでブログを制作すると、初期状態でトップページに記事の一覧が表示されます。

ヘッダーやフッター、全体の色などを変えることはできても、記事の一覧が表示されていることは同じなので、他のブログとデザインの観点で差別化することは難しいです。

DEMO CAFE」というカフェをイメージしたホームページを制作しました。カスタム投稿タイプを使い、ブログとお知らせの記事を投稿できるようにしています。

SWELLのテーマで制作したカフェサイト

トップページは記事の一覧が表示されるのではなく、SWELLのブロックを使って画像やキャッチコピーなどを大胆に配置しています。

このように、SWELLのブロックを組み合わせれば自由自在にトップページをカスタマイズできるので、他のブログとは似ていない自分だけのブログを制作可能です。

SWELLのブログページへの誘導

トップページをカスタマイズする際は、上のようにブログページへの誘導が大切です。ここでも「投稿リスト」というブロックが大活躍するので、絶対に使い方を理解した方が良いです。

専門知識がないクライアントでも更新しやすい

ホームページは一度作ったら終わりではありません。例えば、飲食店であればメニューの内容や価格が変わることは珍しくないでしょう。

SWELLで制作したカフェのメニュー

ホームページ制作のクライアントに専門知識がない場合、ホームページを更新するたびにお金を払って制作会社に依頼をするか、月額固定料金で更新し放題といった選択肢が考えられます。

もしも自分たちで更新できるのであれば、費用を大幅に削減できます。SWELLのテーマを使えば専門知識がないクライアントでも更新しやすいホームページを制作できるので、喜ばれる可能性があります。

例えば、先ほどのメニューを更新するケースを考えます。

SWELLで制作したページの更新

メニューの名称は現在の文字を消して打ち込むだけ、画像は「置換」をクリックするとメディアライブラリが表示されるので、新しい画像をアップロードして差し替えられます。

たったこれだけの作業なので、慣れればメニューを変えるのに1分もかからないでしょう。

先ほどの求人サイトを例として、別のケースも紹介します。

SWELLで制作した求人ページ

求人サイトなので、社員を募集したい企業が見つかれば、上のような求人ページを新しく作成する必要があります。

SWELLで制作したページの更新

このときに、まずはSWELLのブロックを組み合わせて上のような求人ページのテンプレートを作成します。そして、「Duplicate Post」などのプラグインを導入すれば、テンプレートを複製して文字を打ち込むだけで求人ページを作成できます。

頻繁に行われるアップデート

SWELLは現時点でも最高峰のテーマの一つです。だからといって開発をやめず、アップデートによって進化し続けていることがSWELLの魅力を高めています。

SWELLはリリースされてから一年以上が経過しますが、現在でも月に2回から4回ほどのアップデートが行われています。

いくつか例を挙げると、「ブロック下の余白量」が細かく設定できるようになりました。

SWELLのブロック下の余白量

以前は「小」「大」といった感じで設定できました。余白量は美しいデザインにとって非常に大切なので、数値で細かく設定できないかと感じていたところ、アップデートされました。

また、タブでコンテンツの表示を切り替える「タブブロック」もアップデートによって追加されました。非常に簡単に利用できるので、頻繁に使用する機能の一つです。

SWELLのタブブロック

記事の一覧を表示できる投稿リストブロックは、アップデートによって投稿タイプを選べるようになり、固定ページやカスタム投稿タイプも表示できるようになりました。

SWELLの投稿リストブロックでカスタム投稿タイプを表示

SWELLの公式ホームページには、ユーザーの声を取り入れて進化していくことが記載されています。これは、SWELLを購入すると事実であることが分かります。

SWELLの購入者はフォーラムサイトに参加できます。フォーラムサイトでは不具合を報告したり、機能の改善要望を投稿したりできます。

もちろん、全ての要望についてテーマに実装されることはなく、要望の多さや工数などは考慮されているようです。しかし、仮に実装されない場合においても、代替のやり方を提案していただけるなど、制作者の誠実さが伝わります。

補足
アップデートによって親テーマの関数が削除(移動)されたり、フィルターフックの名称が変わったことがあるように思います。アップデートが多いということで、クライアントに納品する場合などは注意してください。

終わりに

この記事では、SWELLのテーマを購入するメリットについて私なりの考えを紹介しました。

ちなみに、SWELLのデメリットは今のところありません。

他のブログテーマと比較すると価格は少し高めですが、これだけ素晴らしいテーマが無制限に使えることを考えれば、むしろ安すぎるくらいです。

SWELLはブログにもホームページにも使えるテーマです。TCDのようなホームページ専用のテーマと比べても、SWELLの方が安いです。

また、SWELLの速度に関しては、はっきりとしたことが分からないので省略しています。

キャッシュの利用、画像の遅延読み込み、不要なファイルの読み込み停止など、高速化についてしっかりと考慮されたテーマであることは確かです。

しかし、実際のページの表示速度は、サーバーのスペック、ネットワーク回線、プラグインの利用、画像や動画の容量など、テーマに限らず様々なことが影響するからです。

なお、SWELLで企業サイトを作る場合は以下の記事も参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA